馬籠峠

長野県木曽郡南木曽町と岐阜県中津川市を結ぶ旧中山道で妻籠宿と馬籠宿の両宿の間にある県道7号線。
ところどとろに民家やお店もある峠でほとんどが2車線道路(一部1車線あり)で気持ちよく走れる道。
途中には駐車場から川に降りると徒歩2〜3分で吉川英冶の小説「宮本武蔵」にも登場する「男滝女滝」がある。
岐阜側には中山道43番目の宿場で峠ステッカーの販売店もある「馬籠宿」。
石畳が敷かれた約600mの坂には江戸時代を感じさせるレトロな店舗が並ぶ。
文豪・島崎藤村の生家跡も資料館としてゆかりの品を展示している。
坂の上には展望台もあり馬籠宿の全景、恵那山、中央アルプスなどを一望することができる。

取扱販売店

馬籠館

峠名 馬籠峠
販売商品 峠ステッカー/切り文字ステッカー/峠ステッカーミニ/パンフレットvol.4
住所 〒508-0502 岐阜県中津川市馬籠4571-1
電話 0573-69-2212
mail info@magomekan.co.jp
HP https://www.magomekan.co.jp
営業時間 9:00〜17:00 ・ 冬期9:00〜16:30
駐車場 有り
定休日 年中無休
情報 馬籠宿の南側で大きな駐車場を完備している馬籠館。
本館、別館、そして食事ができる そば処まごめやがあり、地元のお土産やソフトクリームなども販売している。
まごめやではチキンフライに烏骨鶏の半熟卵を使った変わり種の「親子丼」がオススメ。
馬籠宿を堪能ください♪

ページの先頭へ戻る